りょうまの会援隊

りょうまの会援隊

 

f:id:rkaientai:20180303211906j:plain

 

坂本竜馬海援隊からいただきましたりょうまの会援隊!

 

 

息子のりょうまがいつか大きな事業家になろうとしたときのために、また、りょうまだけでなく世の中の人々にとって少しでもお役に立つことができればと思い、僕のわずかばかりの経験と拙い知識を資産として残すべくこのブログを書いていきます。

 

 

いつの時代もそうですが、先の予想はなかなか困難です。これからの社会がどのように変遷していくのか、その流れを掴んだものが勝ち残っていきます!今までのように一点特化スタイルの会社は少数となり、多様性ある会社が時代の流れに適応しながら強くしなやかに生き残っていくのではないかと考えます。

 

 

いつも僕の頭にあることをひとつ。

 

 

会社という概念がいつまで続くのか

 

 

会社という概念がいつまで存続するのかということです。フリーランスが増え、アウトソーシングが増え、派遣が増え、毎日長時間会社に縛られることなく生きて行こうというライフスタイルが提唱されつつあります。

 

 

週に2~3日働き、一定の収入を得て、自分にあったライフスタイルを構築することで実りある人生にしようという考え方にはなるほどと思わされます。僕は企業を大きくすることに興味があるのであくまでも会社というものに関わっていたいタイプですが、この現代らしい考え方には、新しいビジネスマーケットの広がりを感じます。

 

 

最初に気になったのは、造園業から独立して一人親方になる人の多さを身近で感じたところからです。それから異業種交流会や、公益社団法人にもいくつか参加しましが、車屋、板金屋、塗装屋などなど、一人親方の多さが目立ちました。

 

 

会社に所属する意味がなくなっているのです。会社に所属するメリットは何か?

 

安定

 

保険

 

それだけ。それだけになってしまったのです。今では一人親方も10人寄り添えば仕事に困ることはないと言われています。会社という組織が必要とされない時代になってきたのです。

 

 

ホリエモン氏も言っていました。

 

 

企業という概念がなくなる。フリーランスの時代が来る、と。

しかしその様な時代が予想される中、あえて事業家を目指すという人々もたくさんいます。

 

 

このブログでは息子のりょうまに資産として残すべく価値あるものを綴っていきたいと思います。会社の経営戦略から決算書の読み方、資金繰りの方法、理念、哲学、考え方などなど。今僕の中にあるものを全て残しておきます。

 

 

りょうまが何になりたいと言うかはわかりませんが、たぶんきっと僕と同じ夢、事業家を目指すと言うと思います!そう言ってくれたらいいなと思います。その時に備えてブログ書き溜めていきます。また、世の中の多くの人々に少しでもお役にたてることができれば幸いです。